スペインは失業率押し下げで労働改革の推進が必要-IMF

スペインは26%に達する失業率を押 し下げるため、労働市場の柔軟性拡大をさらに推進する必要があると国 際通貨基金(IMF)が2日公表した報告書で指摘した。

IMFは報告書で、スペイン政府は労働協約の適用を除外する手段 を企業と被雇用者にもっと提供すべきであり、そのような措置が失業率 を18%前後に押し下げることに役立つ可能性があるとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE