【FRB要人発言録】下期の景気見極めを-ブラード総裁

7月29日から8月4日までの米連 邦準備制度理事会(FRB)要人の主な発言は次の通り(記事全文は発 言者の氏名をクリックしてください)。

<8月2日> ブラード・セントルイス連銀総裁(ボストンで講演):緩和策をめぐり 何かを決断する前に連邦公開市場委員会(FOMC)は2013年下期のマ クロ経済のパフォーマンスを示す統計をさらに見極める必要がある。

プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁(同連銀2012年年次報告書の論 考):紙幣創出と税・歳出の政策責任を健全に分離し、維持していくこ とが良好な統治であり賢明な経済政策だ。

前回の発言録はここをクリックしてください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE