FRB9月緩和縮小可能性遠のく、雇用伸び悩み-エラリアン氏

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のモハメド・エラリアン最高経営責任 者(CEO)は、米国の7月の非農業部門雇用者数が予想を下回る増加 にとどまったことについて、米連邦準備制度理事会(FRB)が債券購 入プログラムの縮小を来月発表する可能性が遠のいたとの見方を示し た。

エラリアン氏は2日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビュ ーで、「彼らが緩和縮小に動こうとする場合、景気が改善されつつある ためだけでなく、副次的なダメージを心配するためにそうする必要があ る。9月に彼らが緩和縮小に動く可能性は、今日の数字で小さくなると 思う」と語った。

原題:Fed Less Likely to Taper in September After Jobs, El-Erian Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE