中国:7月の非製造業PMI、54.1に上昇-安定示唆する可能性

中国のサービス業活動は7月に拡大 ペースが3月以来で初めて加速した。中国経済が2四半期続いた減速を 経て、安定しつつある状況を示唆する可能性がある。

中国国家統計局と中国物流購買連合会が3日発表した7月の非製造 業購買担当者指数(PMI)は54.1となり、6月の53.9から上昇した。 指数は50を上回れば、非製造業活動が拡大していることを示す。

リオリエントの中国担当チーフエコノミスト、スティーブ・ワン氏 (香港在勤)は「サービス業PMIはこれまでかなりの期間、製造業 PMIよりもずっと良い状態が続いてきたが、サービス業PMIのうち 企業の期待を示す指数が今回、年初来で最も高くなったことは、信頼が 戻りつつあることを物語っている」と分析した。

原題:China Services Growth Picks Up in Sign Economy to Stabilize (1)(抜粋)

--取材協力:Jun Luo. Editor: Nerys Avery

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE