英銀RBS:消費者向け部門トップをCEOに,1-6月は黒字

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコ ットランド・グループ(RBS)は2日、英国の消費者向け事業の責任 者、ロス・マキューアン氏を次期最高経営責任者(CEO)に指名し た。同行を保有する英政府は投資銀行事業の縮小を迫っている。

マキューアン氏(56)は10月1日付でスティーブン・へスター氏か らCEO職を引き継ぐ。同行が2日発表した。同時に発表した1-6月 (上期)決算は黒字となった。

発表によると、上期の純損益は5億3500万ポンド(約806億円)の 黒字。前年同期は20億ポンドの赤字だった。キーフ・ブリュイエット・ アンド・ウッズのアナリスト、マーク・フィン氏は6億500万ポンドの 利益を見込んでいた。

RBSは2008年に救済された。政府は同行に英国内での個人・企業 向け事業に集中することを求めている。投資銀行部門出身で救済後に RBSに加わったヘスターCEO(52)は6月、辞任の意向を明らかに していた。

RBSは支払保障保険(PPI)の不適切な販売をめぐる賠償に備 え1億8500万ポンドを引き当てた。引き当て済みの24億ポンドに積み増 した。評価損は20%減り21億ポンド。市場部門の収入は18億ポンドと、 前年同期の28億ポンドから減少した。

英政府は救済したもう1行のロイズ・バンキング・グループ株の放 出を準備しているが、RBSについてはまだ不良資産が多過ぎるとして いる。

RBS株は今年に入り1.3%上昇したものの、政府が損益分岐点と する407ペンスを下回っている。

原題:RBS Appoints Ross McEwan as CEO as Lender Swings Into Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE