米国務省:新たに世界規模の渡航注意発令、テロの可能性警告

米国務省は新たに世界規模での注意 を発令し、特に中東や北アフリカでテロ攻撃の可能性があるとして米国 民に警戒を呼び掛けた。

国務省はテロ攻撃の可能性について、アラビア半島内で発生あるい は同半島を起点として起きる恐れがあるとしている。同省は在外公館の 一部を4日に閉館とすると前日に発表していた。

今回の渡航注意では「アルカイダとその関連組織が同地域の内外で テロ攻撃を計画し続けていると最新の情報が示唆している」と指摘し た。

原題:State Department Issues New Worldwide Travel Alert on Terror(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE