インド株:続落、金属と銀行株安い-週間は4カ月ぶり大幅安

2日のインド株式相場は下落。指標 のS&Pセンセックス指数は8営業日続落し、4カ月余りで最長の連続 安となった。金属と銀行銘柄の下げが目立った。

ジンダル・スチール・アンド・パワーは7.6%の大幅安で、10銘柄 で構成の金属株指数を約4年ぶり低水準まで押し下げた。ICICI銀 行は11カ月ぶり安値となるなど、銀行株も総じて安い。一方、フューチ ャー・リテールは1カ月で最大の値上がり。国内スーパーに外資系小売 チェーンが投資する際の規制を政府が緩和したことが買い材料。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比153.17ポイント (0.8%)安の19164.02で引けた。週間ベースでは3%安と、3月24日 終了週以降で最大の下げとなった。

原題:India’s Sensex Completes Biggest Weekly Decline in Four Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE