香港株:上昇、不動産がけん引-ハンセン指数は6週連続高

香港株式相場は上昇。世界の製造業 活動で力強さが示される中、ハンセン指数は週間ベースで昨年10月以来 最長の上昇局面となった。

香港上場の中国本土の不動産開発会社で2位のチャイナ・リソーシ ズランド(華潤置地、1109 HK)は3.7%高。中国政府が不動産規制の緩 和を示唆する中、ハンセン指数の上昇をけん引した。

欧州を最大市場とする衣料小売りのエスプリ・ホールディングス (330 HK)や、売り上げの73%を北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクト ロニック・インダストリーズ(創科実業、669 HK)が上昇。欧米で製造 業活動が拡大したことが好感された。

複合企業のハチソン・ワンポア(13 HK)は4.5%高。1-6月(上 期)利益が予想を上回った。

ハンセン指数は前日比102.18ポイント(0.5%)高の22190.97で終 了。週間騰落率はプラス1%で、6週連続の上昇となった。ハンセン中 国企業株(H株)指数は前日比0.1%高の9734.81で引けた。

フィリップ・セキュリティーズ(香港)のファンドマネジャー、ル イス・ウォン氏は「最大の懸念材料は中国で、香港やアジア市場を圧迫 している」と述べた上で、「中国の7月の製造業活動が予想より良かっ たことで市場の懸念は和ぎ、アジアへの資金流入が増えると予想してい る。欧米の製造業活動拡大もセンチメント改善に寄与している」と語っ た。

原題:Hong Kong Stocks Cap Six-Week Rise on Developers, Manufacturing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE