中国信託業界、運用資産の伸びが半減も-華宝信託投資CEO

中国の信託業界では、競争激化で運 用資産の伸びが従来の半分にとどまる可能性があると、華宝信託投資の 錢駿最高経営責任者(CEO)が指摘した。銀行預金の5倍のリターン を追い風に同業界の運用資産は年間に最大60%増加してきた。

錢CEOは1日、上海でのインタビューで、投資額100万元 (約1600万円)以上の投資家を対象とする信託の運用資産の伸びは、現 在の年50-60%という「持続不可能」なペースから20-30%に鈍化する 可能性があるとの見方を示した。錢CEOによると、宝鋼集団傘下の華 宝信託投資の運用資産は2300億元。

中国当局が不動産価格を抑制し、株式相場が2010年1月から38%下 落して預金金利の規制が続く中、投資家は信託商品に資金を投入した。 信託はシステム外のシャドーバンキング(影の銀行)を通じて不動産開 発会社や地方政府に資金を貸し出し、高いリターンを獲得。ただ透明性 が欠如しているため、経済成長の減速により借り手にデフォルト(債務 不履行)が生じるとの懸念が強まった。

錢CEOは「信託商品は規制が若干緩く、資本に対する実需を反映 する」とした上で、「株式市場は依然本調子ではなく、不動産は引き続 き当局の規制下にあるため、人々はインフレに勝つために資金をどこか に預けなければならない」と語った。錢CEOはバンク・オブ・アメリ カ(BOA)やモルガン・スタンレーで勤務した経歴を持つ。

信託業界を監督する中国銀行業監督管理委員会(銀監会)による と、6月末時点の国内信託業界の運用資産は9兆4500億元。年初から は27%の増加で、08年のほぼ8倍の規模に膨らんでいる。

原題:China Trust Industry Growth to Slow by Half, Huabao’s Qian Says(抜粋)

--Allen Wan, 取材協力:Scott Lanman、Jun Luo. Editors: Nathaniel Espino, John Liu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE