輸入小麦の政府売り渡し価格、10月に引き上げか

農林水産省は輸入小麦の売り渡し価 格を引き上げる見通しだ。値上げされれば過去1年で3回目となる。円 安で小麦の輸入価格は上昇しており、安倍政権による景気刺激策を背景 に食料価格上昇が加速する可能性がある。

米小麦連合会によると、日清製粉グループ本社など国内製粉会社に 対する日本政府の小麦の売り渡し価格は10月に5%程度引き上げられる 見通しだ。現在は1トン当たり平均5万4990円。農水省貿易業務課の折 原直・課長によれば、同省は8月までの半年間の輸入価格に基づいて月 内に売り渡し価格を決定する予定。

原題:Wheat Costs in Japan to Climb for Third Time as Abenomics Bites(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE