NY原油先物時間外:続伸-米製造業景況指数が上昇

ニューヨーク原油先物相場は2日の 時間外取引で続伸。週間ベースでも上昇しそうだ。7月の米ISM製造 業景況指数が上昇したことで需要が増えるとの見方が強まった。

原油先物相場は一時、0.9%上昇した。前日の通常取引は約3週間 ぶりの大幅上昇だった。ISM製造業景況指数は約2年ぶりの高水準に 上昇。7月の米非農業就業者数は6月並みの増加数になると予想されて いる。リビアでは労働争議によって原油輸出ターミナルが閉鎖され、石 油安全保障担当責任者が辞任した。

商品市場に関するシドニーのニュースレター、バラッツ・ブレティ ンのジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)は、「信頼感が市 場に戻っている。前日の経済指標の数字は良かったが、2日に発表され る米非農業就業者数を見極めたい」と述べた。同氏は1バレル当たり 約109.50ドルに上昇すると売りが出るとみている。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は一 時、93セント高の108.82ドルを付けた。シドニー時間午後0時2分(日 本時間午前11時2分)現在、108.56ドルで推移している。全限月の取引 高は100日平均を13%下回った。前日の通常取引は2.7%高の107.89ドル で引けた。上げ幅は7月10日以降で最大。終値としては19日以来の高 値。今週の上昇率は3.7%。

原題:WTI Crude Gains a Second Day as U.S. Manufacturing Strengthens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE