【個別銘柄】スズキや三井化高い、GMOや大塚商急伸、京セラ安い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

スズキ(7269):前日比5.8%高の2569円。2014年3月期営業利益 予想を従来の1500億円から1650億円に上方修正した。前期比14%増の見 通しで、増益率は従来の3.8%増から拡大する。三菱UFJモルガン・ スタンレー証券では、通常第1四半期では計画変更しない同社が通期予 想を上方修正した点はサプライズとし、為替前提が多少悪化しても、計 画達成に自信があることが上方修正の背景と見るべきだと指摘した。

三井化学(4183):7.4%高の260円。三菱UFJモルガン・スタン レー証券では、1日午後に上方修正された会社計画から算出した7-9 月営業益は27億円と前四半期比71%の減益となるとし、会社計画はやや 保守的と指摘した。

GMOインターネット(9449):10%高の1205円。1-6月営業利 益は前年同期比17%増の59億円だった。野村証券では、4-6月はイン ターネット証券事業がやや苦戦したとしながらも、WEBインフラ・ EC事業、インターネット・メディア事業などの利益成長と収益改善で カバーしたと指摘。グループ全体での利益成長を目指す同社らしい良好 な決算だったと評価した。

大塚商会(4768):9.3%高の1万2160円。1-6月営業利益は前 年同期比15%増の195億円だった。増収による売上総利益の増加と販管 費のコントロールが貢献した。ゴールドマン・サックス証券では、決算 は想定以上で、1-3月は3.8%増収と市場の期待に対してやや低調な 伸びだったが、4-6月は10%増収を確保して挽回したと分析。商機を 逃さない強さを確認したと評価した。投資判断は「中立」継続。

日本取引所グループ(8697):5.8%高の1万30円。米欧の金融緩 和継続や7月の米供給管理協会(ISM)製造業景況指数が約2年ぶり の高水準となったことから、きのうの米S&P500種株価指数は最高値 を更新。また、東京商品取引所からシステム利用料として5年で60億 -70億円を受け取る提案をした、と2日付の日本経済新聞朝刊が報じ た。米国株高を背景とした売買高の増加やシステム投資軽減が期待され た。

京セラ(6971):1.8%安の1万160円。4-6月営業損益は254億 円の黒字となり、前年同期の20億円の赤字から改善した。ただ、ゴール ドマン・サックス証券では、同証券予想(310億円の黒字)を下回り、 想定以下だと指摘。計画に比べて円安で推移したものの、通信の赤字拡 大や部品の受注回復が鈍いとし、通期計画達成確度はやや低下気味の印 象だとしている。

シミックホールディングス(2309):17%安の1560円と、東証1部 値下がり率1位。13年9月期の営業利益予想を従来の43億円から38億円 へ減額修正した。9.7%増益が一転、3%減益予想となる。CMO事業 で既存案件の一部製品の受託生産量が減少していることや、期初に見込 んでいた新規受注案件が顧客都合により生産開始遅れが発生したことな どが要因。

旭化成(3407):4.8%高の679円。2日午後に4-9月営業益予想 を従来の590億円から650億円に上方修正した。医薬品の販売が好調な医 薬・医療事業、円安効果を受けるエレクトロニクス事業で増収増益とな る見通し。4-6月営業利益は前年同期比2.6倍の283億円で、ブルーム バーグが集計したアナリストの予想平均値208億円を上回った。

メック(4971):10%高の483円。いちよし経済研究所では、原材 料費の見通しを保守的に見直すことで14年3月期以降の利益予想、フェ アバリューを引き下げた。しかし現在の株価はフェアバリュー680円に 対して20%超割安であるとし、レーティングの「A(買い)」を継続し た。

日本板硝子(5202):4.9%高の107円。4-6月期営業損失は4億 円で、前年同期の85億円から赤字幅が縮小した。クレディ・スイス証券 では、事業環境は依然厳しいが、リストラ効果発現で欧州事業は黒字を 維持、決算の印象はポジティブと分析。純利益の黒字化はまだ先だが、 業績改善に向けて着実に前進しているとの印象とした。

シャープ(6753):3.4%高の425円。4-6月純損益は180億円の 赤字となり、前年同期(1384億円の赤字)に比べて赤字幅が縮小した。 液晶販売が伸びている上、リストラや設備投資抑制の効果も下支えし た。

キリンホールディングス(2503):2.3%高の1531円。1-6月営 業利益は前年同期比5.6%増の604億円となり、会社計画580億円か ら4.2%上振れた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断 を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げた。従来からの目標株 価1800円との乖離(かいり)や同業との収益性比較を勘案したとしてい る。

日本光電(6849):4.5%安の4010円。4-6月営業利益は前年同 期比28%減の16億円だった。SMBC日興証券では、高利益率の生体情 報モニターの一時的伸び悩みなどで製商品構成が悪化し、同証予想の19 億円を下回ったとした。

遠藤照明(6932):8.9%安の2008円。会社側が14年3月期業績予 想を7月31日に下方修正してきのう急落し、きょうも下げ止まらず。い ちよし経済研究所では、15年3月期以降は直管形発光ダイオード (LED)ランプや海外市場向け売上高拡大が見込めるものの、プロダ クトミックスの変化や円安定着などからこれまでのような利益率改善は 見込みにくいと予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE