タイム・ワーナー・ケーブル株が上昇-利益が市場予想上回る

1日の米株式市場で、米ケーブルテ レビ(CATV)2位のタイム・ワーナー・ケーブル(TWC)の株価 が1カ月ぶりの大幅高。4-6月(第2四半期)利益が市場予想を上回 り、利益の伸びも会社予想の「上限」に達する見込みだと発表したこと が強材料。

1日発表した4-6月の純利益は前年同期比6.4%増の4億8100万 ドル(約478億円)だった。一時費用を除いた1株利益(EPS) は1.69ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均の1.65ド ルを上回った。

TWCは契約者増よりも損益を重視する方針に沿って、販売促進費 や料金割引を抑制。4-6月の住宅向け高速ネット接続サービス契約の 伸びは8000件と、四半期としては少なくとも6年間で最低となった。一 方、通期の調整済みEPSの伸びは、会社予想である10-15%の上限に 達する見通しだとしている。

テルジー・アドバイザリー・グループのアナリスト、ジェイソン・ ブレア氏はインタビューで、「財務状態は良好だ」と指摘。「投資家は 現在、契約動向は気にしておらず、将来のM&A(企業の合併・買収) について考えていると思う」と述べている。

1日の同社株価終値は前日比3.2%高の117.68ドルと、上昇率は6 月28日以来の大きさ。年初来では21%上昇している。

原題:Time Warner Cable Rises After Profit Tops Analysts Estimates (1)(抜粋)

--取材協力:Madeline McMahon. Editor: Nick Turner

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE