イスラエルのテバ:4-6月は減益-後発医薬品の新製品減少

イスラエルの医薬品メーカー、テバ ファーマスーティカル・インダストリーズの4-6月(第2四半期)決 算は、前年同期比8.9%の減益となった。後発医薬品(ジェネリック) の新製品投入が減少したことが響いた。

1日の発表資料によると、一部項目を除く利益は10億2000万ドル (約1020億円、1株当たり1.20ドル)と、前年同期の11億ドル(同1.28 ドル)から減少した。ブルームバーグがまとめたアナリスト22人の予想 平均と一致した。

売上高は1.4%減の49億2000万ドル。アナリストの予想平均は49 億5000万ドルだった。後発医薬品の売上高は北米では8%減の9億7000 万ドル、欧州では5%減の8億6000万ドルにとどまった。同社は、欧州 での価格圧力や米国での競争によってジェネリック市場の成長が抑えら れていると説明した。

原題:Teva Second-Quarter Profit Drops on Fewer New Generic Drugs (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE