ベルルスコーニ元首相、脱税事件で初の有罪確定-伊政権動揺も

イタリア最高裁判所(破棄院)は1 日、脱税の罪に問われたベルルスコーニ元首相の上告審で、下級審が示 した禁錮4年の判決を支持、元首相をめぐる一連の裁判で初めて有罪が 確定した。有罪確定で元首相陣営と連立を組むレッタ政権の動揺を招く 恐れもある。

ベルルスコーニ元首相が実質的なオーナーであるテレビ放送会社「 メディアセット」による映画の放映権購入に絡む脱税事件で、下級審は 元首相に禁錮4年と公職禁止5年を言い渡した。最高裁は禁錮4年を支 持する一方、公職禁止の判決については高裁に審理を差し戻した。元首 相は76歳と高齢のため、収監されず、自宅監禁か社会奉仕を命じられる 見通し。

元首相の3人の弁護士は、この不当判決の根本的な修正を勝ち取る ため、欧州レベルを含めて、あらゆる有効な手段を講じるとの声明を発 表した。

民主党のレッタ首相率いるイタリアの連立政権は、長年敵対してき たベルルスコーニ元首相の陣営との不安定な連携の上に成り立ってお り、元首相の有罪確定は、連立政権内の緊張を高めることになりかねな い。

脱税で元首相の有罪が確定すれば政権崩壊もあり得ると、元首相率 いる「自由国民」のメンバーが脅しをかけていたのに対し、民主党の一 部の議員は、元首相をめぐる訴訟の拡大を嫌気し、ベルルスコーニ陣営 との協力に難色を示していた。

政権内紛の引き金

調査会社ポリシー・ソーナーの創業者、フランチェスコ・ガリエッ ティ氏は、「政権は命こそ奪われていないが、痛手を負った。今回の判 決は、民主党内の内紛の引き金になることが予想される。起きてもおか しくない状態が続いていたが、今やそれが明らかに起ころうとしてい る」と指摘する。

ベルルスコーニ元首相は未成年買春罪や職権乱用罪などの裁判でも 有罪判決を下されており、上訴中。元首相はいかなる違法行為も否認し ている。

原題:Berlusconi Tax-Fraud Conviction Threatens Italian Government(抜粋)

--取材協力:Marco Bertacche. Editor: Dan Liefgreen

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE