新興市場株、7日ぶり反発:予想外の中国製造業PMI上昇で

新興市場国・地域の株式相場は1 日、7営業日ぶりに反発。中国国家統計局と中国物流購買連合会が発表 した7月の製造業購買担当者指数(PMI)が市場予想に反して上昇し たことに加え、原油高を受けて石油生産株が買われた。ブラジルの通貨 レアルは対ドルで4年ぶり安値となった。

MSCI新興市場指数は前日比0.7%高の954.15。前日までの6営 業日では計2.2%下落していた。上海総合指数は1.8%高。銅生産の江西 銅業や石炭生産の中国神華能源などが上昇した。ブラジルの株価指標で あるボベスパ指数は反発。ブラジル石油公社(ペトロブラス)が買われ た。モスクワ市場ではガスプロムが値上がりした。

為替市場では、ブルームバーグが継続調査する新興国・地域24通貨 のうち23通貨が下落。ブラジルのレアルは1.2%下げた。

原題:Emerging-Market Stocks Snap Six-Day Slump on China Manufacturing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE