ブラジル株:ボペスパ指数4日ぶり上昇-世界経済の見通しで

1日のブラジル株式市場では指標の ボベスパ指数が4営業日ぶりに上昇。世界経済見通しの改善を受けてブ ラジルの株価も反発するとの観測が背景。

鉄鉱石生産で世界首位のヴァーレは金属価格上昇を受け1.4%高。 ブラジル石油公社は6月の同国の原油・液化天然ガス生産が4.6%増え たと発表したことで4%高と、3カ月ぶりの上昇率を記録。4-6月 (第2四半期)利益が市場予想を上回った鉄鋼メーカーのジェルダウ は4.3%高。

ボベスパ指数は前日比1.9%高の49140.78で終了。7月31日までの 3日間で2.4%下げていた。指数構成銘柄のうち上昇が57銘柄、下落 は11銘柄。同指数は今年に入って19%安と、ブルームバーグが集計して いる主要な株価指数で最も下落している。通貨レアルはサンパウロ時間 午後5時24分(日本時間2日午前5時24分)現在、1.1%安の1ドル =2.3016レアル。

メトド・インベスチメントスのポートフォリオマネジャー、アレシ ャンドレ・ギルギ氏は電話取材に対し、「ボベスパ指数は今年上期に低 迷したが、見通しが明るさを増している世界の市場につれた動きを今後 示すだろう」とコメント。「米経済統計の内容は良好になってきてお り、中国の景気減速のペースは大きな問題を引き起こすほどではないと みている」と語った。

原題:Ibovespa Rises First Time in Four Days on Global Growth Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE