NY金:3日続落、代替投資の買いが後退

ニューヨーク金先物相場は3日続 落。予想を上回る米経済指標を受けてドルが上昇したことを背景に、代 替投資としての金買いが後退した。

ドルは主要16通貨すべてに対して上昇。先週の週間失業保険申請件 数は前週比で減少し、約5年ぶりの低い水準となったほか、7月の ISM製造業景況指数は約2年ぶりの高水準となったことで、金融当局 が年内に資産購入のペースを減速するとの観測が強まった。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ビル・オニール氏は電話 インタビューで、「きょうの経済指標はどれも予想より好調だった」と 述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.1%安の1オンス=1311.20ドルで終了した。3日続落は 6月下旬以来の最長。

原題:Gold Futures Decline for Third Straight Day on Stronger Dollar(抜粋)

--取材協力:Maria Kolesnikova. Editor: Thomas Galatola

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE