米P&G:4-6月利益、市場予想を上回る-てこ入れが奏功

消費財大手、米プロクター・アン ド・ギャンブル(P&G)の4-6月(第4四半期)決算は、利益がア ナリスト予想を上回った。2カ月前に最高経営責任者(CEO)に復帰 したA・G・ラフリー氏の業績てこ入れが奏功している。

発表資料によると、純利益は前年同期比48%減の18億8000万ドル (1株当たり64セント)。前年同期は36億3000万ドル(同1.24ドル)だ った。前年同期はスナック菓子「プリングルス」事業の売却に伴い利益 が押し上げられた。一部項目を除くベースでの1株当たり利益は79セン ト。ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平均は77セントだ った。売上高は2.2%増の207億ドルだった。

今年度通期利益は一部項目を除くベースで5-7%増を見込んでい る。1株当たり利益では4.25-4.33ドル。アナリストの予想平均で は4.32ドルとなっている。

原題:P&G Profit Tops Analysts’ Estimates as Lafley Takes Over Control(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE