インド株(終了):下落-ファイナンシャル・テクが65%急落

1日のインド株式相場は下落。同国 最大の商品取引所で売買が停止されたことから、追い証(追加証拠金の 差し入れ義務)を満たすため一部投資家が株式を売却するとの懸念が広 がった。

ファイナンシャル・テクノロジーズは65%急落。傘下のナショナ ル・スポット取引所が一部商品の売買を一時停止し、その他全ての約定 の引き渡しと決済を統合、その実施を15日間延期したことが背景にあ る。同社が株式26%を保有するインド・マルチ商品取引所(MCX)は 値幅制限いっぱいの20%安となった。一方、ヒンドゥスタン・ユニリー バは3.7%高と、7営業日ぶりに反発した。

ムンバイ市場でのS&Pセンセックス指数は前日比28.51ポイント (0.2%)安の19317.19で終了。一時は1.2%上げた。

マクシムス・セキュリティーズのメグハ・バズカー氏は、ナショナ ル・スポット取引所の売買停止への「条件反射的な反応」で、センセッ クス指数が0.9%下げる場面があったと指摘した。

原題:Indian Stocks Decline as Financial Technologies Slumps on Halt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE