中国人民元、下落-中心レートへの上乗せ幅は5月来の大きさ

中国人民元は1日、対ドルで下落。 ただ、中国人民銀行(中央銀行)が設定する中心レートに対する上乗せ 幅は5月以来の大きさに達した。中国国家統計局と中国物流購買連合会 が発表した7月の中国製造業購買担当者指数(PMI)が予想に反して 上昇したことに反応した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で0.03%安の1ドル=6.1305元で終了。一時は6.1257元まで上昇し て中心レートを0.84%上回った。人民銀は元の中心レートを0.02%元高 方向の6.1778元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 で元は0.04%高の6.1306元。元の1年物ノンデリバラブル・フォワード (NDF)はほぼ変わらずの6.2975元で、上海スポット取引を2.7%下 回る水準。

原題:Yuan Premium to Fixing at Two-Month High as PMI Beats Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE