香港株(終了):ハンセン指数、終値で2カ月ぶり高値水準

香港株式相場は上昇。中国国家統計 局と中国物流購買連合会が発表した7月の中国製造業購買担当者指数 (PMI)が予想外の活動拡大を示し、ハンセン指数は約2カ月ぶりの 高値で引けた。

香港上場の鉄鋼メーカーとしては最大手の鞍鋼軋鋼(347 HK) は7.2%高。中国統計を手掛かりに素材関連株が買われた。中国本土の 鉄道車両メーカーで最大手の中国南車(1766 HK)は7.7%上昇。国務院 が公共交通機関を含むインフラ建設を推進する方針を示したことが手掛 かり。

不動産開発株も前日に続き上昇。中国当局が不動産市場を安定成長 させる考えを示したことを好感している。

ハンセン指数は前日比205.13ポイント(0.9%)高の22088.79と、 6月4日以来の高値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.7% 高の9723.93で引けた。

IGインベストメントのポートフォリオマネジャー、ベンジャミ ン・タム氏(香港在勤)は「中国の見通しが改善している」と述べた上 で、「中国の国家主席や首相は基準を明らかにすることで市場に安心感 を与え、既に何らかの刺激策にも着手している。規模は非常に小さい が、少なくとも当局は何かしているということだ」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Closes at Two-Month High as China Output Grows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE