タイ首相:今年最大の抗議運動に直面も-支持者への恩赦推進で

タイのインラック首相は、投獄され た支持者への恩赦や2兆バーツ(約6兆2800億円)規模の鉄道投資など を盛り込んだ法案を推進することにより、今年に入ってから同国最大と なる抗議活動が起きるリスクに直面している。

議会は1日からこれらの法案や、インラック首相の兄タクシン元首 相を失脚させた2006年のクーデター後に定められた憲法改正を審議す る。タイ国家安全保障会議のパラドーン事務局長は7月31日、対立勢力 による抗議行動に多数の参加者が集まる可能性があると指摘した。

100人余りの死者が出たクーデター以降の混乱が再燃するとの懸念 から、タイ株の指標であるSET指数は下落している。過去3カ月では アジアの株価指標で最悪のパフォーマンスとなっている。

スタンダードチャータードのバンコク在勤エコノミスト、ウサラ・ ウィライピッチ氏は、「政治的安定は景気回復が今後継続するために非 常に重要だ」と指摘。「外需が引き続き弱く、個人消費や民間投資も減 速しているとみられ、タイ経済は主に政府支出と公共投資に依存してい くだろう」と指摘した。

原題:Thai Amnesty Push Risks Protests as Stocks Slide: Southeast Asia(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE