中国:銀行利益減少も、産業界の生産能力削減で-JPモルガン

中国の銀行の利益は向こう3年にわ たって減少する可能性があると、JPモルガン・セキュリティーズ(ア ジア太平洋)が指摘した。産業界の過剰生産能力削減に向けた政府の取 り組みで融資の伸びが鈍化し、不良債権が増えるとみている。

アジア金融サービス部門責任者ジョシュ・クラチェック氏は31日、 香港で記者団に対し、今後1年半の与信の伸びは10%台半ばと、ここ数 年の20-25%から鈍化する可能性があると述べた。利益の減少が見込ま れる具体的な銀行名は明らかにしなかった。

中国の李克強首相は、モノの価格を押し下げ、企業の利益を損な い、環境汚染をもたらす原因と見なされる過剰生産能力を抑制する姿勢 を表明している。

クラチェック氏は、不良債権が増加すれば銀行の利益を圧迫し、配 当を引き上げる能力を削ぐと予想。融資の焦げ付きが一段と増えれば、 銀行は資本増強を余儀なくされる可能性があると語った。

原題:Chinese Banks May See Profit Decline on Crackdown, JPMorgan Says(抜粋)

--取材協力:Jun Luo. Editors: Hwee Ann Tan, Nathaniel Espino

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE