インド株(31日):下落-7月は2カ月続落、資本流出懸念で

31日のインド株式相場は小幅安。 S&Pセンセックス指数は6営業日続落と、3月以来の長期の下げとな った。

ムンバイ市場のS&Pセンセックス指数は前日比2.64ポイント安 の19345.70で終了。ルピー安を受けて資本流出が加速するとの懸念が強 まる中、月間ベースでは0.3%安と、2カ月連続の下落となった。

貸出金利を引き上げたイエス銀行が7%安となるなど、12銘柄で構 成される銀行株の指数は11カ月ぶりの安値となった。国内最大の電力会 社NTPCは4年半ぶり安値を付けた。

原題:Indian Rupee, Bonds, Stocks Fall as RBI Caught in Vicious

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE