イエレン氏は理想的なFRB議長候補、継続性提供-タイソン氏

オバマ米大統領やクリントン元大統 領に経済で助言してきた米カリフォルニア大学バークリー校のローラ・ タイソン教授は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン副議長につ いて、次期FRB議長の「理想的な候補」だと語った。過去最大規模の 金融緩和の縮小に乗り出すFRBに政策の継続性をもたらすことを理由 の1つとして挙げた。

タイソン教授は31日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュー で、イエレン氏は「経験や政策面で優れた資質がある」と発言。次期 FRB議長としてこれほど完璧な経歴を備えた人物はいないとした。そ の一方で、元FRB副議長で現在プリンストン大学教授のアラン・ブラ インダー氏など他にも「名高い」候補がいると述べた。

タイソン教授はまた、イエレン氏とバーナンキFRB議長は「非常 にうまく協力してきた」と指摘。「米経済について極めてよく似た見方 をしている。マクロ経済政策に関する2人の立場は実にかなり似ている と思う」と語った。

イエレン氏が議長に就任すればFRBの100年の歴史で初の女性議 長となる。タイソン教授は「ジェンダーの多様性は決定を下す際の1つ の要素にはなるだろう。しかし、今回は優秀さと経験に基づく決定にな ろう」と話した。

原題:Laura Tyson Says Yellen Would Bring Continuity as Fed Leader (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE