グレンコア、金属倉庫の保有数で首位に-銀行は削減

上場している商品供給会社としては 最大手、スイスのグレンコア・エクストラータがロンドン金属取引所( LME)の指定倉庫の最大の保有企業となった。米議員や規制当局の監 督が強化される中、銀行は倉庫保有を減らしている。

ブルームバーグがまとめたLMEのデータによると、グレンコア傘 下の米パコリニ・メタルズは今年に入って保有倉庫を14カ所増やし、合 計178カ所とした。オランダのC・スタインウェグ・ハンデルスビーム より2カ所多い。3位の米ゴールドマン・サックス・グループと4位の JPモルガン・チェースの保有倉庫が減少しているのとは対照的だ。

米金融監督当局者らは7月30日、上院公聴会で銀行による商品保有 に対する監督を強化する意向を示し、米連邦準備制度理事会(FRB) は今月、銀行による商品取引を認めた10年前の決定を見直す方針を示し た。工業用金属先物取引の約80%を取り扱うLMEは保管規則の見直し を進めている。実需業者は、現行の規則の下で一部の倉庫で在庫が積み 上がって供給が滞り、世界の生産が需要を上回っているにもかかわらず 金属価格が上昇していると主張している。

原題:Glencore Leading in Metals Storage as Goldman, JPMorgan Cut (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE