世界の株・金属相場が上昇、債券下落-欧米中銀は刺激策継続

1日の世界の株式相場と工業用金属 相場は上昇。各国の経済指標で製造業の拡大が示されたほか、欧米の中 央銀行が景気刺激努力を継続する方針を確認したことが背景。ドルは主 要16通貨全てに対して上昇。米国債は大幅下落した。

S&P500種株価指数は米東部時間午後4時(日本時間2日午前5 時)時点で前日比1.3%高の1706.87と、初めて1700を超えた。MSCI オールカントリー・ワールド指数は1%上昇。7月は4.7%値上がりし た。30年物米国債利回りは2年ぶりの高水準に達した。銅は1.5%高。 原油は2.7%上昇し1バレル=107.89ドル。ドルは対円で1.6%上昇した 一方、ユーロは下落。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は1日、政策金利が長期にわ たり低水準にとどまる見通しを示した。米連邦準備制度理事会 (FRB)は7月31日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後、月 間850億ドル(約8兆4600億円)の債券購入を継続すると表明し、長引 く低インフレが経済を妨げる恐れがあるとの認識を示した。米供給管理 協会(ISM)が発表した7月の製造業景況指数は約2年ぶりの高水 準。中国政府がまとめた7月の製造業購担当者指数(PMI)は予想外 に上昇した。ユーロ圏の製造業の指数も予想を上回った。

ボストン・アドバイザーズの最高投資責任者(CIO)、マイケ ル・ボーゲルザン氏は「経済は少し良くなったが、金融政策の支援なし ではまだ脱出速度に達していないというのが、中銀のトーンだ」と指 摘。「強力な緩和策が続く限り、相場は大きく上昇する可能性がある。 市場はFRBの政策と好調な企業収益にけん引されている」と述べた。

原題:Stocks Rally With Metals, Bonds Slump on Central Bank Pledges(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien、Adam Haigh、John Deane、Paul Dobson、Namitha Jagadeesh、Andrew Rummer、Shelley Smith、Kyoungwha Kim. Editors: Jeff Sutherland, Stephen Kirkland

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE