NY外為:ドル上昇、99円台半ば-米指標好調で緩和縮小観測

ニューヨーク外国為替市場ではドル が主要16通貨全てに対して上昇。新規失業保険申請件数が5年ぶりの水 準に減少したため、米金融当局が年内に月間の資産購入のペースを減速 させるとの見方が強まり、ドル買いが入った。

前日に対ドルで6週間ぶり高値を付けたユーロは下落。欧州中央銀 行(ECB)のドラギ総裁は当局が予見可能な将来において低金利を維 持する方針であることを重ねて表明した。米雇用統計の発表を2日に控 え、ドルは対円で上昇した。ブルームバーグが実施した調査によると、 7月の非農業部門雇用者数は18万5000人増と予想されている。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者、ダン・ドロー氏は「この日の米経済指標は非常に強く、非 農業部門雇用者数が強い内容になることを示している。金融当局が近く 緩和策を縮小するとの見通しを裏付けるものだ」と語った。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.7%上げて1 ユーロ=1.3210ドル。一時は0.8%上昇し、7月9日以来の大幅高とな った。対円では1.7%高い1ドル=99円48銭。4月8日以来の大幅高と なった。円は対ユーロで1%安の1ユーロ=131円46銭。

主要10通貨に対するブルームバーグ米ドル指数は0.9%上昇し て1034.46。前月は1.4%低下した。

ポンド

ポンドは対ユーロで3月以来の安値水準から戻した。イングランド 銀行(英中央銀行)が1日の金融政策委員会(MPC)で、資産買い取 りプログラムの規模を維持したことが買いを誘った。

ポンドは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=87.35ペンス。一時 は87.70ペンスと、3月12日以来の安値を付ける場面もあった。ポンド は対ドルでは0.6%下落。

ドラギECB総裁は記者会見で、「ユーロ圏の経済見通しをめぐる リスクは引き続き下向きだ」と発言。「今後、金融政策の姿勢は必要な 限り緩和的なものにとどまるだろう」と話した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去3カ月に4.3%高と、上昇率首位。ユーロ圏が過 去最長のリセッション(景気後退)から抜け出しつつある兆候が背景に ある。円は1.2%高、ドルは3.1%上昇。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場 アナリスト、ラビ・バラドワジ氏(ワシントン在勤)は電話インタビュ ーで、「ユーロ圏の経済成長をめぐり、金融市場の失望は高まってい る。それがユーロを圧迫している」と指摘した。

ドル上昇

ドルは対円でほぼ4週間ぶりの大幅高。新規失業保険申請件数(季 節調整済み)は、前週比1万9000件減少の32万6000件。これは2008年1 月以来で最低だった。

バラドワジ氏は「米国の雇用関連指標は予想より明るい内容で、ド ル高につながった」と述べた。「2日の経済指標がどのような形であ れ、上振れすれば、ドルにとって大きなプラス材料となり、年内の金融 緩和縮小の可能性を高めるだろう」と続けた。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業総合景況指数を 受け、ドルは上げ幅を拡大した。同指数は55.4と、前月の50.9から上 昇。2011年6月以来の高水準となった。

原題:Dollar Advances as Jobless Report Spurs Fed Taper Expectations(抜粋)

--取材協力:Emma Charlton. Editors: Kenneth Pringle, Greg Storey

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE