8月1日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル上昇、99円台半ば-米指標好調で緩和縮小観測

ニューヨーク外国為替市場ではドルが主要16通貨全てに対して上 昇。新規失業保険申請件数が5年ぶりの水準に減少したため、米金融当 局が年内に月間の資産購入のペースを減速させるとの見方が強まり、ド ル買いが入った。

前日に対ドルで6週間ぶり高値を付けたユーロは下落。欧州中央銀 行(ECB)のドラギ総裁は当局が予見可能な将来において低金利を維 持する方針であることを重ねて表明した。米雇用統計の発表を2日に控 え、ドルは対円で上昇した。ブルームバーグが実施した調査によると、 7月の非農業部門雇用者数は18万5000人増と予想されている。

ファロス・トレーディング(コネティカット州スタンフォード)の 調査責任者、ダン・ドロー氏は「この日の米経済指標は非常に強く、非 農業部門雇用者数が強い内容になることを示している。金融当局が近く 緩和策を縮小するとの見通しを裏付けるものだ」と語った。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで0.7%上げて1 ユーロ=1.3210ドル。一時は0.8%上昇し、7月9日以来の大幅高とな った。対円では1.7%高い1ドル=99円48銭。4月8日以来の大幅高と なった。円は対ユーロで1%安の1ユーロ=131円46銭。

主要10通貨に対するブルームバーグ米ドル指数は0.9%上昇し て1034.46。前月は1.4%低下した。

ポンド

ポンドは対ユーロで3月以来の安値水準から戻した。イングランド 銀行(英中央銀行)が1日の金融政策委員会(MPC)で、資産買い取 りプログラムの規模を維持したことが買いを誘った。

ポンドは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=87.35ペンス。一時 は87.70ペンスと、3月12日以来の安値を付ける場面もあった。ポンド は対ドルでは0.6%下落。

ドラギECB総裁は記者会見で、「ユーロ圏の経済見通しをめぐる リスクは引き続き下向きだ」と発言。「今後、金融政策の姿勢は必要な 限り緩和的なものにとどまるだろう」と話した。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、ユーロは過去3カ月に4.3%高と、上昇率首位。ユーロ圏が過 去最長のリセッション(景気後退)から抜け出しつつある兆候が背景に ある。円は1.2%高、ドルは3.1%上昇。

ウェスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場 アナリスト、ラビ・バラドワジ氏(ワシントン在勤)は電話インタビュ ーで、「ユーロ圏の経済成長をめぐり、金融市場の失望は高まってい る。それがユーロを圧迫している」と指摘した。

ドル上昇

ドルは対円でほぼ4週間ぶりの大幅高。新規失業保険申請件数(季 節調整済み)は、前週比1万9000件減少の32万6000件。これは2008年1 月以来で最低だった。

バラドワジ氏は「米国の雇用関連指標は予想より明るい内容で、ド ル高につながった」と述べた。「2日の経済指標がどのような形であ れ、上振れすれば、ドルにとって大きなプラス材料となり、年内の金融 緩和縮小の可能性を高めるだろう」と続けた。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業総合景況指数を 受け、ドルは上げ幅を拡大した。同指数は55.4と、前月の50.9から上 昇。2011年6月以来の高水準となった。

原題:Dollar Advances as Jobless Report Spurs Fed Taper Expectations(抜粋)

◎米国株:上昇、S&P500種は初の1700台-緩和継続と経済統計で

米株式相場は上昇。S&P500種株価指数は初めて1700を超えた。 米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日の声明で緩和策を維持する方 針を示したのに続き、欧州中央銀行(ECB)もこの日、政策金利を過 去最低水準で据え置いた。製造業活動の拡大を示すデータも追い風にな った。

S&P500種の業種別10指数はすべてが上昇。米生保最大手のメッ トライフと消費財のプロクター&ギャンブル(P&G)はいずれもア ナリスト予想を上回る決算を材料に上昇。アニメーション映画のドリー ムワークス・アニメーションSKGは大幅増益で買われた。一方、利益 が予想を大きく下回ったエクソンモービルは値下がりした。

S&P500種株価指数は前日比1.3%高の1706.87。ダウ工業株30種 平均は128.48ドル(0.8%)高い15628.02ドル。

フェデレーテッド・インベスターズのチーフ株式ストラテジスト、 フィリップ・オーランド氏(ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、 「世界中で中央銀行は緩和姿勢を維持している。誰も中央銀行と争い たくはない」と述べた。「経済という観点に立てばあらゆるデータが景 気の継続的な回復、労働市場の改善、予想を上回る企業利益を示してい る。相場は上昇を続けるはずだ」と続けた。

FOMCとECB

FOMCは前日、毎月850億ドルの債券購入を継続していく方 針を維持した。継続的な低インフレが景気拡大の妨げになる可能性も指 摘した。同日発表された4-6月(第2四半期)の米国内総生産 (GDP)速報値は予想を上回る伸びだった。ECBのドラギ総裁はこ の日、ユーロ圏経済が最悪期を脱したと示唆した上で、予見可能な将来 において金利を維持する方針を強調した。

ハンティントン・アセット・マネジメント(オハイオ州コロンバ ス)のランディ・ベイトマン最高投資責任者(CIO)は電話取材に 対し、「相場が大台に乗せると人々の関心が集まる」と指摘。「様子を うかがっていた大量の資金がこれから流入してくるかもしれない。強気 な状況だ」と述べた。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業景況指数は前 月から上昇し、約2年ぶりの高水準となった。中国や欧州でも予想を上 回る製造業の拡大が示された。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週比1万9000件減少の32万6000件。これは2008年1 月以来で最低だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想の中央値は34万5000件だった。

非農業部門雇用者数

米労働省は2日に7月雇用統計を発表する。ブルームバーグが 80人以上のエコノミストを対象にまとめた調査によると、非農業部門雇 用者数は18万5000人の増加、失業率は7.5%への低下が予想されてい る。

この日の相場上昇は景気の変動に敏感な銘柄が率いた。モルガン・ スタンレー・シクリカル指数は1.8%上昇。ダウ輸送株平均株価は

3.2%上げた。

KBW銀行株指数は1.9%上昇し、構成24銘柄すべてが値上がり。 アメリカン・エキスプレスは2.5%高。バンク・オブ・アメリカは2.4% 上昇。

メットライフは6.3%急伸。一部の投資業績を除いたベースでの1 株利益はブルームバーグがまとめた予想を上回った。

P&Gは1.7%高。利益がアナリスト予想を上回った。2カ月前に 最高経営責任者(CEO)に復帰したA・G・ラフリー氏の業績てこ 入れが奏功した。

ドリームワークスは8.8%の大幅高。映画「ザ・クルッズ」のヒッ トが寄与し、75%の増益となった。

エクソンは1.1%の下げ。製油事業の利益率落ち込みが響き、1株 当たり利益はアナリスト予想を18%下回った。

原題:S&P 500 Climbs Above 1,700 on Stimulus Bets, Economic Reports(抜粋)

◎米国債:30年債利回りが2年ぶり高水準、統計受け緩和縮小観測

1日の米国債は下落。30年債利回りは2年ぶりの高水準に上昇 した。新規失業保険申請件数が減少、米供給管理協会(ISM)が発 表した7月の製造業景況指数は2カ月連続上昇 となり、金融緩和策の縮小を後押しする材料になるとの見方が広がっ た。

米連邦公開市場委員会(FOMC)が前日の声明で「経済活動は 今年上期に緩慢なペースで拡大したことが示唆された」と指摘し、月 間850億ドルの債券購入を維持する姿勢を示したが、投資家は経済 成長のペース加速を見込んでいる。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト予想中央値によると、先月の米失業率は低下が見込まれ ている。

クレディ・スイス・グループの金利ストラテジスト、アイラ・ジ ャージー氏は「統計内容は非常に素晴らしい。米金融当局が資産購入の 縮小を開始できるようなペースで成長する可能性を示唆している」と述 べ、「2日発表の雇用統計が予想以上に良好な結果になるとの楽観が ある。投資家は米国債に対し、ロングポジションよりはむしろショート ポジションを取るだろう」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時 間午後5時現在、10年債利回りは前日比13ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の2.71%。同年債(表面利回り1.75%、償還 2023年5月)価格は1 2/32安の91 26/32。30年債利回りは12bp上 げて3.75%と、2011年8月以来の高水準をつけた。2年債と30年債の利 回り差は343bpに拡大した。

ブルームバーグ米国債指数によると、7月の米国債リターンは3 カ月連続でマイナスとなった。

新規失業保険申請件数

FOMCは前日の声明で「インフレ率が長期にわたり目標の2% を下回れば経済にリスクとなり得ると認識しているが、中期的に目標水 準に戻っていくとみている」と記述した。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週比1万9000件減少の32万6000件。これは2008年1月以来で最低 だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中 央値は34万5000件だった。

ノバスコシア銀行の米国債トレーディング責任者、チャールズ・ コミスキー氏(ニューヨーク在勤)は「失業保険申請件数からは雇用の 見通しが改善しつつあることがうかがえる」と述べ、「7月の雇用統計 が非常に重要となる」と続けた。

7月のISM製造業総合景況指数は55.4と、前月の50.9から上昇し た。これは2011年6月以来の高い水準。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は52。同指数で50は活動の拡大と縮小の境目を示 す。

米雇用統計予想

2日に発表される7月米雇用統計では18万5000人の雇用増と、失業 率の7.5%への低下(前月7.6%)が見込まれている。

CIBCワールド・マーケッツのマネジングディレクター兼米国 債トレーディング責任者、トム・トゥッチ氏(ニューヨーク在勤)は 「これまでにも良好な統計が発表されている。景気の強さを示す統計が 発表されるたびに当局による緩和策の縮小が近づく」と述べた。

米政府債のディーラー間ブローカーで最大のICAPによると、 米国債の出来高は3753億ドル。7月の1日当たりの出来高は平均で 2778億ドル、6月は同4462億ドルだった。

メリルリンチ・オプション・ボラティリティ・エスティメート( MOVE)指数は91.40bpに上昇した。これは7月12日以来の 高水準。

原題:U.S. 30-Year Yield Reaches 2-Year High as Reports Back Fed Taper(抜粋)

◎NY金:3日続落、代替投資の買い後退-好調な経済統計でドル上昇

ニューヨーク金先物相場は3日続落。予想を上回る米経済指標を受 けてドルが上昇したことを背景に、代替投資として金買いが後退した。

ドルは主要16通貨すべてに対して上昇。先週の週間失業保険申請件 数は前週比で減少し、約5年ぶりの低い水準となったほか、7月の ISM製造業景況指数は約2年ぶりの高水準となったことで、金融当局 が年内に資産購入のペースを減速するとの観測が強まった。

ロジック・アドバイザーズのパートナー、ビル・オニール氏は電 話インタビューで、「きょうの経済指標はどれも予想より好調だった」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前日比0.1%安の1オンス=1311.20ドルで終了した。3日続落 は6月下旬以来の最長。

原題:Gold Futures Decline for Third Straight Day on Stronger Dollar(抜粋)

◎NY原油:大幅続伸、製造業統計を好感-リビア輸出に不安

ニューヨーク原油相場は続伸。約3週間ぶりの大幅高となった。 米国と中国で製造業の景況改善が示されたことが好感された。またリビ アの原油積み出しターミナルが労働争議の影響で閉鎖されたことも買い を誘った。

米供給管理協会(ISM)が発表した7月の製造業景況指数は前 月から上昇し、約2年ぶりの高水準となった。中国の製造業活動を示す 購買担当者指数(PMI)は市場予想に反して上昇。リビアのアルシ石 油相は前日の時点で、一港を除いてすべての港が操業不能になったと発 表し、原油の輸出能力は80%近く低下するだろうと述べていた。

ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の石油市場調査グローバ ル責任者、マイク・ウィットナー氏は「原油に関して言えば、マクロ経 済ニュースは明るい内容だ」と指摘。「リビアからの輸出が一時的に減 少すれば、ブレント価格を押し上げるのは間違いない。ひいてはウェス ト・テキサス・インターミディエート(WTI)を含め石油全般を支 えるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限は前日 比2.86ドル(2.72%)高の1バレル=107.89ドルで終了した。 値上がり率は7月10日以来で最大。終値としては7月19日以来の高値。

原題:Crude Surges the Most in More Than Three Weeks on Manufacturing(抜粋)

◎欧州株:9週ぶり高値、好決算で銀行株が高い-中国製造業も追い風

1日の欧州株式相場は上昇し、指標のストックス欧州600指数 は9週間ぶり高値を付けた。ソシエテ・ジェネラルやロイズ・バンキン グ・グループの予想を上回った利益を好感し、銀行株が高い。中国政府 が発表した7月の製造業購買担当者指数が生産活動の拡大を示し、鉱山 株も値上がりした。

フランスのソシエテ・ジェネラルは1年半ぶりの大幅上昇。英ロ イズは2010年10月以来の高値となった。上期(1-6月)決算が黒字に 改善した同行は、配当再開で当局との協議を開始する方針を示した。英 豪系鉱山会社のリオ・ティントとBHPビリトンもそれぞれ買われた。

一方、仏製薬会社サノフィは4.1%安。通期利益見通しの下方修正 が嫌気された。英蘭系石油会社ロイヤル・ダッチ・シェルは11年8月以 降で最もきつい値下がり。四半期利益が予想に反して減少した。

ストックス欧州600指数は前日比1.2%高の303.29で終了。5月30日 以来の高値引けとなった。構成銘柄の株価収益率(PER)は13.7倍 と、09年以来の高水準。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は電話インタビューで、「欧州株には 引き続き強気で、株価は過小評価されていると思う」と述べ、「銀行決 算が良かった一方、シェルは大きく外れた。だが、全般的に四半期決算 はこれまでのところ順調だ。中国製造業の指標も支援材料だった」と続 けた。

この日の西欧市場では、取引が行われた17カ国全てで主要株価指数 が上昇。スイス市場は祝日のため休場だった。

原題:Europe Stocks Rise to Nine-Week High on Bank Results, China Data

◎欧州債:ドイツ2年債が上げ消す、ECB総裁発言で-英国債は続落

1日の欧州債市場では、ドイツ2年債相場が一時の上げを消した。 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が政策発表後、最近の経済指標 は域内経済が最悪期を脱したことを示唆していると発言したのが手掛か り。

ドイツ10年債も上げを消す展開となった。ドラギ総裁の発言で ECBが借り入れコスト低下に向けて追加措置を講じるとの観測が後退 した。ただ、総裁は長期にわたり低金利を継続するとあらためて表明し た。各国の国債も上げを解消した。米新規失業保険申請件数の減少と製 造業景況指数の上昇に伴い米国債が大幅下落したことが背景にある。一 方、スペイン国債は上昇。この日の入札で目標上限を上回る国債を発行 したことが買い材料。

クレディ・アグリコルCIB(ロンドン)の債券ストラテジスト、 ピーター・チャトウェル氏は「今会合でフォワードガイダンス(時間 軸政策)の効果が損なわれたことを主因に失望感が広がった。ECBが 利下げについて協議しなかったためだ」とし、「フォワードガイダンス に関する一段の透明性、ないしは議事録の時期や発表方法に関する具体 的な内容を市場は期待していた」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ2年債利回りは前日比ほぼ変 わらずの0.15%。同国債(表面利率ゼロ%、2015年6月償還)価格 は99.71。10年債利回りはほぼ横ばいの1.67%。一時は8ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下した。

ECBは政策金利を過去最低の0.5%に据え置いた。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では63人中62人が据え 置きを予想していた。

スペイン国債の10年物利回りは3bp低下の4.62%、5年物 利回りは4bp下げて3.28%となった。

英国債相場は続落。英国と米国の製造業指標がいずれも予想を上 回ったことから、比較的安全とされる資産の需要が後退した。

英10年債利回りは3週間ぶりの高水準に接近。イングランド銀 行(英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)はこの日、資産買い取り プログラムの規模を維持することを決めた。

ロンドン時間午後4時50分現在、10年債利回りは4bp上昇 の2.40%。7月25日には2.43%と、同月10日以来の高水準に達してい た。同国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格は0.34下 げ94.705。

原題:German 2-Year Notes Erase Advance as Draghi Damps Rate-Cut Bets(抜粋) Gilts Fall Second Day as Manufacturing Expands, BOE Holds Rates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE