日本銀行は26日午後、シンガポール 通貨庁(MAS)との間で、同庁による日本国債を担保としたシンガポ ール・ドル資金供給策に関する取り決めに合意したと発表した。

この取り決めにより、シンガポールで活動する邦銀など金融機関 は、シンガポール通貨庁に日本国債を担保として差し入れることで、同 庁よりシンガポール・ドルの供給を受けることができるようになる。同 取り決めはアジアでは2011年11月に締結したタイに続き2件目。

日銀は「本措置は、日銀とシンガポール通貨庁による長年にわたる 日本・シンガポール両国の金融・経済関係のサポートに対するコミット メントを強化するものである」との声明を発表した。具体的な仕組みに ついては、準備が整い次第、シンガポール通貨庁より公表される。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE