資産家スティーブン・コーエン氏が 創業した米ヘッジファンド運営会社SACキャピタル・アドバイザーズ が、前例のない仕組みのインサイダー取引を行ったとして、米連邦大陪 審は25日、同社を起訴した。米政府が6年にわたって行っている捜査は 大詰めを迎えた。

今回の起訴は元ゴールドマン・サックス・グループ取締役のラジャ ット・グプタ被告が2011年10月にインサイダー取引事件で起訴されて以 来、米政府にとって最も重要なケースとなる。グプタ被告は昨年、ニュ ーヨークの連邦陪審から有罪評決を受け、その後禁錮2年を言い渡され た。

マンハッタンの連邦裁が公表した起訴状では、SACは4件の証券 詐欺と1件の電信詐欺の罪を問われている。米当局によると、問題とな っているインサイダー取引は1999年までさかのぼり、20社以上が関与し た。不正に得た利益は数億ドルにも上るという。1992年に設立された SACは、今回の起訴と関連する当局の措置次第で廃業に追い込まれる 可能性もある。

米当局はSACのインサイダー取引を可能にしたのは、「違法な内 部情報を広範囲にわたり教唆し、使用することを奨励した組織的な慣行 だ。個々の従業員による違法行為、またそうした違法行為に対する組織 の無関心さが、今回のような大型かつ広範、さらにヘッジファンド業界 において前例のない規模でのインサイダー取引へとつながった」と指摘 した。

コーエン氏自身は起訴されなかったが、検察側は同氏を「ファンド の所有者」とみなし、内部関係者からトレーディング情報を入手するよ う同氏が従業員に「促した」一方で、こうした行為が違法であるとの指 摘は無視していたと述べた。

原題:SAC Capital Indicted for Unprecedented Insider Trading Scheme(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE