コンテンツにスキップする

日経平均先物が上昇、日銀短観の発表前に-豪株先物は下落

1日朝のアジア市場で、日本の株価 指数先物が上昇。日銀の企業短期経済観測調査(日銀短観、6月調査) で大企業・製造業の業況判断指数は改善が見込まれている。外為市場は 同統計前に円安となっている。オーストラリアの株価指数先物は中国の 製造業データを控えて下落。

日経平均先物9月物は6月28日の米シカゴ先物市場(CME)で1 万3700円で終了し、大阪証券取引所の同日終値を上回った。大証の1日 のプレオープニングでは午前8時5分時点で1万3750円の買い注文。オ ーストラリアのS&P/ASX200指数先物は0.1%安。香港市場は祝日 で休場。

原題:Japan Stock Futures Gain Before Tankan Manufacturing Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE