コンテンツにスキップする

中国銀監会主席:流動性逼迫に対応する銀行の手元資金は十分

中国銀行業監督管理委員会(銀監 会)の尚福林主席は、少なくともここ10年で最悪の流動性逼迫(ひっぱ く)が同国で起きてから初めて公の場で発言し、銀行は十分な手元資金 を積み上げていることから業務に支障をきたすことはないとの見解を示 した。

尚主席は29日の上海での講演で、銀行は28日時点で支払いや決済の ために使える約1兆5000億元(約24兆2300億円)の手元資金があり、こ れは通常必要とされる額の2倍余りだと説明した。

尚主席は「銀行間市場での流動性逼迫の状況はこの数日間で和らい でいる」と指摘。「このような状況は銀行業界の円滑な業務に影響しな い」と述べた。

一方で、銀行間市場の流動性逼迫により、商業銀行の流動性管理や 事業構造の「欠陥」が露呈したと指摘。銀行業界改革の次の段階は、実 体経済の支援とリスク予防が焦点になると述べた。

原題:China Regulator Says Bank Reserves Enough to Weather Cash Crunch(抜粋)

--取材協力:Nathaniel Espino.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE