コンテンツにスキップする

NY原油(28日):5日ぶりに下落、ドル指数の上昇で

ニューヨーク原油先物相場は5日ぶ りに下落。ドルが他の主要通貨に対して3週間ぶり高値に上昇したこと が影響した。

6月の米消費者マインド指数は前月比で市場予想ほどには落ち込ま なかった。スタイン連邦準備制度理事会(FRB)理事は資産購入につ いてコメントを発表。これらを受けてドル指数が上昇し、原油先物に売 りが出た。週間、および月間ベースではプラス。四半期ベースで は0.7%の値下がり。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「問題はドルだ」と指摘。「ド ルの堅調が原油市場を圧迫している。ドルが軟調であれば、原油はすで に100ドルを試しているだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比49セント(0.50%)安の1バレル=96.56ドルで終了。一時は97.82ド ルに上昇していた。週間では3.1%の値上がり。月間では5%高。

原題:WTI Crude Falls for First Time in Five Days as Dollar Advances(抜粋)

--取材協力:Grant Smith.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE