コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:上海指数反発、香港・印株も高い

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。ハンセン指数は月間ベースで2012年5月以来 の大幅な値下がりとなったものの、下げ幅は縮小した。良好な経済指標 が米景気見通しを明るくしたほか、米金融当局者らが直ちに刺激策を打 ち切ることはしないと市場の懸念払拭(ふっしょく)に努め不安が後退 した。この日は中国本土の不動産株が大幅高。

売り上げの73%を北米で稼ぐ電動工具メーカーのテクトロニック・ インダストリーズ(創科実業、669 HK)は3.1%上昇。香港に上場して いる中国本土の不動産開発会社で最大手の中国海外発展(688 HK) は4.6%高。信用逼迫(ひっぱく)緩和のために政府が不動産開発会社 の資金調達に関する規制の一部を撤廃するとの観測が手掛かり。中国工 商銀行(1398 HK)も高い。

ハンセン指数は前日比363.21ポイント(1.8%)高の20803.29で終 了。前週末比では2.7%高となった。構成銘柄中、値上がりと値下がり の比率は約7対1。今月は7.1%下落。ハンセン中国企業株(H株)指 数は前日比1.7%高の9311.44。1-6月(上期)のパフォーマンスとし て2008年以降の最悪で上期を終えた。週明け7月1日の香港市場は、香 港返還記念日の祝日のため休場となる。

DBSビッカーズ香港のセールスディレクター、ピーター・ライ氏 は「相場は既に当面の底を打った」と指摘。「現在の水準は低過ぎるこ とから、ここからは上昇トレンドになる」とした上で、「最近の市場は 米金融当局の刺激策縮小示唆に過剰反応していた」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場で、上海総合指数は前日の4年ぶり安値から反発。不 動産関連や銀行株が値を上げた。短期金利の低下に加え、政府が流動性 逼迫(ひっぱく)を和らげるため、不動産開発会社の資金調達に関する 規制を緩和するとの観測が広がった。

万科企業(000002 CH)と保利房地産集団 (600048 CH)を中心に 不動産株が上昇。招商銀行(600036 CH)や中国民生銀行(600016 CH) も高い。中国短期金融市場では、指標金利が2011年以来の大幅な低下と なった。中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は28日、市場の安定を 維持し、適切な時期に政策を調整すると述べた。記録的な流動性逼迫が 発生して以来、初めて公の場で発言した。

大衆保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は「不動産開発会 社の新株発行や起債が認められるとの見方がある」と指摘。「恐らく経 済の安定や不動産開発会社が資金不足で苦境に陥るのを防ぐのが目的だ ろう」と述べた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比29.19ポイント(1.5%)高の1979.21で終 了。今週は4.5%安と、2月22日終了週以来の大幅な下げ。前日は2009 年1月以来の安値で引けた。上海、深圳両証取のA株に連動している CSI300指数は前日比1.9%高の2200.64。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇。指標のセンセックス30種指数は約1年半ぶ り大幅高となった。政府が天然ガスの値上げを承認したことや、通貨ル ピーの上昇が手掛かり。インド石油ガス公社(ONGC)は4週間ぶり 高値まで上げた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比519.86 ポイント(2.8%)高の19395.81で引けた。これは2011年12月21日以降 で最大の値上がり。この日の売買高は30日平均を53%上回った。世界最 大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは3.9%上昇。 石炭会社コール・インディアも大きく買われた。

ガス価格を国際的なベンチマークに連動させる方式が27日の閣議で 承認された。インド石油・天然ガス省のラエ次官によれば、価格は100 万BTU(英国熱量単位)当たり最高8ドルまで来年4月1日から上が る可能性がある。

ルピーの対ドル相場はムンバイ時間午後3時16分現在、前日 比1.4%高の1ドル=59.3350ルピー。これは昨年9月21日以来の大幅上 昇。26日には60.765ルピーまで下げ、過去最低を記録した。

【オーストラリア株式市況】

SP/ASX200指数は前日比8.69ポイント(0.2%)安 の4802.59。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比28.62ポイント(1.6%)高の1863.32。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比178.31ポイント(2.3%)高の8062.21。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE