コンテンツにスキップする

インド株:1年半ぶり大幅高-ガス値上げ承認とルピー上昇で

28日のインド株式相場は上昇。指標 のセンセックス30種指数は約1年半ぶり大幅高となった。政府が天然ガ スの値上げを承認したことや、通貨ルピーの上昇が手掛かり。インド石 油ガス公社(ONGC)は4週間ぶり高値まで上げた。

ボンベイ証券取引所(BSE)のセンセックス30種は前日比519.86 ポイント(2.8%)高の19395.81で引けた。これは2011年12月21日以降 で最大の値上がり。この日の売買高は30日平均を53%上回った。世界最 大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは3.9%上昇。 石炭会社コール・インディアも大きく買われた。

ガス価格を国際的なベンチマークに連動させる方式が27日の閣議で 承認された。インド石油・天然ガス省のラエ次官によれば、価格は100 万BTU(英国熱量単位)当たり最高8ドルまで来年4月1日から上が る可能性がある。

ルピーの対ドル相場はムンバイ時間午後3時16分現在、前日 比1.4%高の1ドル=59.3350ルピー。これは昨年9月21日以来の大幅上 昇。26日には60.765ルピーまで下げ、過去最低を記録した。

原題:India’s Sensex Advances Most in 18 Months on Energy Reforms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE