コンテンツにスキップする

コーザイン氏、業界追放も-ゴールドマンのトップ経験者で初

破綻した米MFグローバル・ホール ディングスの最高経営責任者(CEO)として監督責任を十分に果たし ていなかったとして米商品先物取引委員会(CFTC)に提訴されたジ ョン・コーザイン氏は、金融商品の取引を禁止される可能性がある。ゴ ールドマン・サックス・グループの会長やCEOを務めた人物が資産運 用業界から追放されれば前代未聞の事例になる。

投資損失を膨らませたMFグローバルは、顧客資金を流用して会社 延命を図ったとされている。CFTCはコーザイン氏が従業員の監督を 怠ったとして同氏を提訴した。2011年10月のMFグローバル破綻から1 年もたたないうちにコーザイン氏がヘッジファンド設立を考えている と、米紙ニューヨーク・タイムズが昨年8月に報じていた。

米証券取引委員会(SEC)の法執行部門の幹部だったグレゴリ ー・ブラック氏は、コーザイン氏に関してCFTCの主張が通れば「同 氏が再び資産運用業界で働くことは非常に難しくなるだろう。CFTC はコーザイン氏の業界追放を目指している。大変な闘いになるだろう」 と話した。

コーザイン氏(66)は1994年にスティーブン・フリードマン氏から ゴールドマンの会長職を引き継ぎ、共同会長兼CEOを務めた後ヘンリ ー・ポールソン氏に職を譲った。

原題:Corzine Faces Trading Ban as Regulator Sues in MF Global Failure(抜粋)

--取材協力:Bob Van Voris、Max Abelson、Dawn Kopecki、Silla Brush、Christie Smythe、Cheyenne Hopkins、Michael Hytha.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE