コンテンツにスキップする

中国人民銀総裁、市場の安定維持を表明-流動性逼迫後初の発言

中国人民銀行(中央銀行)の周小川 総裁は28日、中国は市場の安定を維持し、適切な時期に政策を調整する と述べた。同国で記録的な流動性逼迫(ひっぱく)が起きてから周総裁 が公の場で発言するのはこれが初めて。

周総裁は上海の陸家嘴の年次フォーラムでの講演で、中国の景気減 速は合理的な範囲にとどまっており、経済は安定しているとの認識を示 した。また中国は穏健(慎重)な金融政策を継続するとし、この政策は これまでのところ良い結果をもたらしているようだと述べた。

周総裁はまた、中国の景気見通しと金融システムに十分な自信を持 っていると発言。中国株は総裁発言を受けて上昇した。中国の翌日物レ ポ金利が先週急上昇して過去最高水準に達したことを受け、人民銀は25 日、短期金融市場の安定を守るために政策手段を講じるとの声明を発 表。周総裁はこの日、人民銀は「市場の流動性を適切に調節し、市場の 全般的な安定を維持するためにあらゆる手段を講じる」と述べ、声明で 言及した方針をあらためて表明した。

原題:PBOC’s Zhou Reiterates Pledge to Maintain Stability in Markets(抜粋)

--取材協力:Penny Peng.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE