コンテンツにスキップする

スペイン中銀が金融機関の配当を抑制、経済の不確実性に対応

スペイン銀行(中央銀行)は国内金 融機関の支払い能力の維持を図るため2013年の配当を制限した。スペイ ンの金融機関は昨年、民主化後で最悪の不況に見舞われる中で欧州連合 (EU)の救済を受けている。

スペイン中銀は27日に銀行協会に対し、「適切な資本水準」を確保 するため「慎重な」配当政策を取るよう勧告する書面を送ったことを明 らかにした。

同中銀は電子メールで配布した発表文で、「経済情勢をめぐる不確 実性が根強い今の環境では、これは特に必要だ」と説明した。

同中銀は各行の状況に応じて13年の配当を抑制すべきだとし、現金 配当を純利益の25%を上限に設定した。

原題:Bank of Spain Curbs Lender Dividends Amid Economic Uncertainty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE