コンテンツにスキップする

【個別銘柄】任天堂に買い、シャープ急伸、リプロセル初値は5.6倍

きょうの日本株市場で、株価変動材 料があった銘柄の終値は以下の通り。

任天堂(7974)や村田製作所(6981):任天堂が前日比7%高の1 万1700円、村田製は5.9%高の7550円。日本経済新聞社が27日、7月16 日の東証、大証の現物市場統合に対して用いる日経平均株価の構成銘柄 選定基準の取り扱い方法を公表した。任天堂や村田製は、大証を主力と する銘柄では時価総額が上位に位置するだけに、日経平均の構成銘柄に 採用されるとの思惑があらためて高まり、買いを集めた。

シャープ(6753):8.1%高の400円。中国の南京中電熊猫信息産業 グループ(CECグループ)との提携を拡大し、同社が設立した新型液 晶工場運営会社に出資することで合意したと発表した。シャープは高精 細TFT液晶パネルとモジュール技術を供与し、同運営会社がテレビや ノートパソコン、タブレット端末向けに、2015年以降に量産を開始する 予定。

富士重工業(7270):5%高の2445円。メリルリンチ日本証券が27 日付で、完成車10銘柄の調査を開始した。今期のフォレスターから来期 のレガシーと、ポジティブなモデルサイクルが続く点を評価し、富士重 をトップピックに挙げ、投資判断「買い」、目標株価2830円に設定し た。このほか、同証券が「買い」の投資判断を下したトヨタ自動車 (7203)、ホンダ(7267)、マツダ(7261)も買われた。

ニトリホールディングス(9843):2.1%安の8000円。3-5月期 の連結営業利益は前年同期比0.7%増の189億円だった、と27日発表し た。前年同期の営業増益率は42%だった。ドイツ証券の風早隆弘アナリ ストは、投資家の多くが第1四半期営業益は200億-205億円と見ていた ため、思ったよりも原材料費や人件費の増加で利益が伸びなかったと受 け止められたようだ、と指摘した。

JSR(4185):4.5%高の2006円。三菱UFJモルガン・スタン レー証券が27日付で、投資判断を「アウトパフォーム」、目標株価2200 円で新規に調査を開始した。エコタイヤ用S-SBR市場でいち早く能 力を増強、と評価している。同証券が、スマートフォンなど向けのタッ チセンサーやZEONORフィルムが急拡大しているとして、投資判断 「アウトパフォーム」、目標株価1300円で調査を始めた日本ゼオン (4205)も5.8%高の1164円。

飯田産業(8880)など戸建て住宅6社:戸建て住宅6社が27日、経 営統合契約を正式に結び株式移転比率などを発表した。株式移転比率は 一建設(3268)が3.14、飯田産が1.0、東栄住宅(8875)が1.16、タク トホーム(8915)が108、アーネストワン(8895)が1.16、アイディホ ーム(3274)が2.62。同比率が意識される中、各銘柄の終値は一建設 が0.4%高の5520円、飯田産が9.7%高の1682円、東栄住宅が6.5%高 の1938円、タクトホムが5.8%高の17万9700円、アーネストが6.2%高 の1948円、IDホームが5.4%安の4455円。

アサヒグループホールディングス(2502):3.4%高の2461円。国 内の飲料事業が好調で、1-6月期の連結営業利益は前年同期比5%増 の345億円程度と、従来計画を5億円程度上回るもよう、と28日付の日 経新聞朝刊が報じた。ブルームバーグ・データによると、アナリスト16 人の13年12月期営業利益予想の平均は1183億円。会社計画は1180億円 だ。

ライオン(4912):4.6%高の575円。1-6月期の連結営業利益は 前年同期比1割増の25億円強と、計画を数億円上回る見込み、と28日付 の日経新聞朝刊が報じた。国内で機能性の優れた高単価歯ブラシや目薬 の新商品が伸長、海外ではタイの日用品が好調としている。

ルネサスエレクトロニクス(6723):3.4%高の395円。フィンラン ドのノキアからモデム技術開発部門を買収して設立したルネサスモバイ ルの第4世代ワイヤレスモデム(LTEモデム)技術に関する新規開発 と拡販を停止すると発表した。事業撤退は12月末の予定。

スター精密(7718):0.8%安の1073円。第1四半期(3-5月) の連結営業損益は6200万円の赤字に転落した、と27日発表した。前年同 期は4億3900万円の黒字だった。売上高構成比が高い工作機械事業は欧 州向けが市況低迷により大幅減収、国内向けも低迷した。14年2月通期 予想の33億円黒字は据え置き

リプロセル(4978):26日にジャスダック市場に新規上場し、前日 まで2日連続して買い気配で値付かずのまま終えていた。3日目のきょ う取引開始早々に付けた初値は公開価格の3200円に対し、5.6倍に当た る1万7800円。初値上昇率は、2006年12月26日に上場したeBASE の6.4倍以来の大きさ。同社は、ヒト胚(はい)性幹(ES)細胞や人工 多能性幹細胞(iPS細胞)用の培養液など研究試薬、心筋細胞や神経 細胞の作製などを手掛ける。終値は1万8300円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE