コンテンツにスキップする

破綻したMFグローバル元責任者コーザイン氏を米当局が提訴

米商品先物取引委員会(CFTC) は27日、米MFグローバル・ホールディングスの社員を適切に監督しな かったとして、元ニュージャージー州知事で同社最高経営責任者 (CEO)を務めたジョン・コーザイン氏をニューヨークの米連邦地方 裁判所に提訴した。同社は投資損失を膨らませて2011年に破綻。顧客資 金を流用したとも指摘されている。

CFTCはMFグローバルの財務部長補佐だったイーディス・オブ ライエン氏も提訴。ブローカレッジ部門MFグローバル・インクとの間 では原状回復に向けた顧客への損害賠償約10億ドル(約990億円)、制 裁金1億ドルの支払いで和解することで合意した。CFTCが同日の発 表資料で明らかにした。

CFTC法規執行局のデービッド・マイスター局長は同資料で「利 益を生むことだけが、CFTCの規制下にある企業のトップの仕事では ない」と批判。「特に危機の際は、同社CEOのように管理責任を負う 者は顧客資金が違法に使われることを防ぐために必要な措置を講じなけ ればならない。事態が落ち着いた場合、その時点で顧客資金がしっかり と会社に残っているようにするためだ」と指摘した。

MFグローバル・ホールディングスは、コーザイン氏が同社に加わ りCEOに就任してから1年半後の11年10月31日に倒産。米史上8番目 の規模の破綻だった。一部の欧州高債務国の債券への投資が裏目に出た ことが破綻につながった。

原題:CFTC Sues Corzine as MF Global Agrees to Return $1 Billion (1)(抜粋)

--取材協力:Bob Van Voris、Silla Brush、Joshua Gallu、Max Abelson、Dawn Kopecki.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE