コンテンツにスキップする

42歳のクルム伊達、大会最年長で3回戦進出-ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン選手権でク ルム伊達公子は3回戦で、連覇を狙う第一シードのセリーナ・ウィリア ムズ(米国)と対戦する。42歳の伊達が初めて4大大会に出場した時、 ウィリアムズはまだ7歳だった。

ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで27日に行われた女子 シングルス2回戦で、伊達はルーマニアのアレクサンドラ・カダントゥ (23)と対戦、6-4、7-5で勝利した。伊達はウィンブルドンで3 回戦に進出する女子選手としては、1968年のオープン化以降で最年長と なる。カダントゥは伊達が初めて4大大会に出場した翌年に生まれた選 手。

伊達は「信じられない」と振り返り、「42歳だが、3回戦に進出で きたことに満足している」と述べた。

伊達はさらに、これまでほとんど最初の段階でシード選手と対戦し てきたが、幸運にも今年はそうした段階でシード選手に当たらなかった と語った。伊達は世界ランキング84位。

カダントゥに勝った後、伊達はコートの外でバージニア・ウェード に迎えられた。ウェードは現時点で最後の英国人ウィンブルドン女子シ ングルス優勝者で、39歳だった1985年にそれまでの大会最年長で3回戦 に進出した。

3回戦で伊達と対戦する31歳のウィリアムズは「私がもっと若かっ た頃に公子を見たが、どうしてこれほどのプレーができるのか分からな い」と評し、「すごく勇気付けられる」と語った。

伊達は次の試合当日に雨が降り、屋根のあるセンターコートでプレ ーできることを望んでいる。

原題:Date-Krumm Sets Wimbledon Age Record at 42 After Wacky Wednesday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE