コンテンツにスキップする

パウエルFRB理事:年内に資産購入縮小の可能性-統計次第

パウエル米連邦準備制度理事会 (FRB)理事は、経済成長を維持できれば年内に資産購入を縮小する 可能性があると述べ、その時期は暦ではなく経済統計によって決まると 指摘した。

パウエル理事は27日、ワシントンで講演。原稿によると景気が弱く なれば「債券購入を縮小する前に様子見するか、債券購入を拡大する可 能性すらある」と指摘した上で、当局者の予想以上に経済成長が加速し た場合には「ある程度早急に縮小させる可能性もある」と述べた。

同理事は、「日程よりも経済統計の重要性を強調したい」と述べ、 「ほぼ確実に言って現在の資産購入ペースは当分続くだろう」と言明し た。さらに「資産購入プログラムは引き続き経済活動に重要な支援を提 供するものだ」と続けた。

原題:Fed’s Powell Sees Scaling Back Asset Purchases Later This Year(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE