コンテンツにスキップする

米中古住宅販売成約指数:前月比6.7%上昇、約6年ぶり高水準

5月の米中古住宅販売成約指数は前 月比で上昇し、約6年ぶりの高水準となった。

全米不動産業者協会(NAR)が27日発表した5月の中古住宅販売 成約指数(季節調整後)は前月比6.7%上昇して112.3と、2006年12月以 来の高水準。伸び率は2010年4月以来の最大だった。ブルームバーグが まとめたエコノミスト調査の予想中央値は1%上昇。

前月は0.5%低下(速報値は0.3%上昇)に下方修正された。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス氏は統計発表前に、「住宅市場はかなり健全だ」と指 摘。「新築でも中古でも住宅を購入すれば、家具などの装備が必要にな る。住宅販売によるいわば二次的効果が成長を支えている」と述べた。

5月の同成約指数は季節調整前の前年比では12.5%上昇した。

覧ください。

原題:Pending Sales of Previously Owned U.S. Homes Jumped 6.7% (1)(抜粋)

--取材協力:Ainhoa Goyeneche.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE