コンテンツにスキップする

中国人民元:対ドルで6日続落-昨年1月以来の長期下落

中国人民元は27日、ドルに対して6 営業日続落。2012年1月以来最も長期の下落となった。流動性逼迫(ひ っぱく)で融資や経済成長が鈍化するとの懸念が広がる中、中国人民銀 行(中央銀行)は元の中心レートを引き下げた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.03%安の1ドル=6.1490元で終了。一時6.1520元と、5 月7日以来の安値を付けた。今月に入り0.24%下落しており、四半期ベ ースの上昇率は1%に縮小した。人民銀は27日、中心レートを0.03%元 安方向の6.1797元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港市場で元の1年物 ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は0.11%高の6.3040元。これ は上海スポット取引の元相場を2.5%下回る水準。香港のオフショア市 場では、元はほぼ変わらずの6.1473元。

原題:Yuan Has Longest Losing Streak in 17 Months on Growth Concern(抜粋)

--取材協力:Fion Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE