コンテンツにスキップする

6月ユーロ圏景況感は91.3、予想上回る改善-景気回復の兆候

6月のユーロ圏景況感指数はエコノ ミスト予想を上回る改善となった。域内経済がユーロ発足以降最長のリ セッション(景気後退)から脱却しつつある兆候が増えた。

欧州連合(EU)の欧州委員会が27日発表した6月のユーロ圏景況 感指数は91.3と、先月の89.5(改定値)を上回った。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト32人の予想中央値は90.4だった。

インベステック(ロンドン)のエコノミスト、フィリップ・ショー 氏は統計発表前のリポートで、「ユーロ圏経済は今年下期(7-12月) にどこかの段階で安定化する兆候を示してはいるが、直ちに上向くわけ ではないようだ」とし、「当然のことながら、ユーロ圏市場は世界動向 の影響を受けてきた」と記した。

欧州委によると、6月のユーロ圏製造業景況感指数はマイナス11.2 と、前月のマイナス13.0から改善。サービス業の指数はマイナス9.5 と、5月のマイナス9.2(改定値)から悪化した。同時に発表された6 月の消費者信頼感指数改定値はマイナス18.8だった。5月はマイナ ス21.9。

ブルームバーグがまとめた別の調査によると、ユーロ圏経済は4- 6月(第2四半期)に前期比横ばいとなってリセッションから脱し、7 -9月(第3四半期)にプラス成長へと回復する見通し。1-3月(第 1四半期)はマイナス0.2%成長だった。

原題:European Economic Confidence Improves More Than Forecast (1)(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE