コンテンツにスキップする

ドイツ:6月失業者数1万2000人減、予想外-景気回復の兆候

ドイツの6月の失業者数は事前予想 に反して減少した。ユーロ圏が過去最長のリセッション(景気後退)か らの脱却にもがく中、ドイツの景気回復は順調である兆候を示した。

独連邦雇用庁(FLO)が27日発表した6月の雇用統計によると、 失業者数は季節調整済みで前月比1万2000人減の294万人。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト35人の予想中央値は8000人増だ った。失業率は6.8%と、約20年ぶりの低水準に並んだ。

5月の失業者数は1万7000人増に改定されたほか、同月の失業率 は6.9%から6.8%に下方修正された。

コメルツ銀行のエコノミスト、ウルリケ・ロンドルフ氏(フランク フルト在勤)は統計発表前、失業者の「5月急増はゆがみのようなもの だったので、調整があって当然だ」とし、「冬季に大きく景気が減速し たことを考慮すると、労働市場は全般的に順調だ」と述べていた。

ドイツの今年1-3月(第1四半期)の経済成長率はわず か0.1%。最大の貿易パートナーであるユーロ圏が6四半期連続のマイ ナス成長でリセッション(景気後退)下にあることが響いた。

原題:German Unemployment Unexpectedly Drops as Economic Recovery Seen(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE