コンテンツにスキップする

米シティがイラク進出-1兆ドル規模のインフラ復興見込む

資産総額で米3位の銀行、シティグ ループがイラクに進出する。戦争で破壊された道路や橋などのインフラ 復興に1兆ドル(約98兆円)が投じられるとみるためで、収益の機会を 同国で模索する。

シティでヨルダンとイラク、シリア、パレスチナ地区の最高経営責 任者(CEO)を務めるマヤンク・マリク氏は電話インタビューで、バ グダッドに駐在員事務所を開設する許可を今週得たと述べた。支店を含 め、イラク国内で拠点を増やすことも検討するという。

同行が外国で初めての拠点を築くのは6年ぶり。マイケル・コルバ ットCEO率いるシティはトルコやパキスタン、ウルグアイなどでは消 費者向け事業の売却ないし縮小を図っており、ビクラム・パンディット 前CEOが進めた高成長国での拡大戦略を一部で転換している。

マリク氏は「イラクは目覚めつつある巨大市場で、そこには計り知 れない機会がある」とし、「石油収入とインフラ整備の2つが最も大き なチャンスだ。1兆ドル相当の取り組みになると見積もっている」と語 った。

イラクでは、フセイン政権の崩壊まで外国銀行の活動が禁止されて いた。同国中央銀行のウェブサイトによれば、現在では外銀15行が進出 済みで、7つの国有銀と民間銀23行のほか、イスラム法に準拠した9行 と競い合っている。

英銀スタンダードチャータードは年内にバグダッドとアルビールに 支店を開設し、来年はバスラにも拠点を設ける計画を明らかにしてい る。

原題:Citigroup Opens in Iraq to Tap $1 Trillion of Oil Spending (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE