コンテンツにスキップする

NY外為:円は全面安、米当局は緩和策を継続との観測で

27日のニューヨーク外国為替市場で は円が主要16通貨すべてに対して下落した。債券購入の縮小を開始でき るほど米国の景気は強くないとの見解を米金融当局者らが示したことか ら、円はこれまでよりも国内緩和策の影響を受けやすくなるとの見方が 広がった。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、経済の成長ペースが金融当局 の予想を下回った場合は資産購入プログラムを延長する可能性があると 述べた。ユーロは対ドルで上昇。6月のユーロ圏景況感指数がエコノミ スト予想を上回る改善となったことが影響した。英ポンドは下落。1- 3月(第1四半期)の可処分所得が25年ぶりの大幅減少となったことが 嫌気された。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「リスクセンチメント に回復が見られ、安全通貨としての円に対する需要が減退した」と述 べ、「米緩和策縮小は数日前に投資家が予想していたほど厳しいもので はなさそうだ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで0.6%下げて1ドル =98円35銭。円は対ユーロでは0.8%下げて1ユーロ=128円23銭。ユー ロは対ドルで0.2%上昇して1ユーロ=1.3038ドル。

円は月初からドルに対して2.1%上昇した。四半期ベースではユー ロが1.7%上昇と主要通貨の中でも最も値上がりしている。一方、最も 下げがきつかったのはオーストラリア・ドルの11%安だった。年初来で はドルが最も値上がりしている。

緩和策縮小の見通し

チャプデレーンFX(ニューヨーク)のマネジングディレクター兼 外国為替責任者、ダグラス・ボースウィック氏は、「世界的に多くのリ ーダーが米金融当局の緩和策縮小は近日中に開始することはないとの議 論を交わしており、米当局もその意図を明確に示すことを望んでいる」 と指摘、「ここ数日でトレーダーは落ち着きを取り戻し、この先は円が 下落すると予測している」と続けた。

日本銀行は月間7兆円程度の国債を買い入れいており、2年以内に インフレ率2%を目指している。

欧州連合(EU)の欧州委員会が発表した6月のユーロ圏景況感指 数は91.3と、先月の89.5(改定値)を上回った。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト32人の予想中央値は90.4だった。統計発表 後にユーロは上昇した。

ポンドが下落

ポンドは対ドルで0.4%安。一時は3週ぶり安値に下落した。政府 統計局(ONS)が発表した第1四半期の国内総生産(GDP)確定値 (季節調整済み)は前期比0.3%増。5月23日公表の改定値と一致し た。家計の実質可処分所得は前期比1.7%減と、1987年以降で最もきつ い落ち込みとなった。

米銀が決済機関デポジトリー・トラスト・アンド・クリアリング (DTCC)へ提出したデータをブルームバーグがまとめたところによ ると、外為オプションの店頭取引は合計275億ドル。前日は388億ドルだ った。この日の総額のうち対円でのドルのオプションの出来高は60億ド ルで、シェアは22%と最大だった。

JPモルガン・チェースがまとめる主要7カ国(G7)通貨を基に 算出されるボラティリティ指数は11.43%。24日は11.96%と、2012年1 月以来の最高をつけた。

原題:Yen Weakens on Outlook for Fed to Maintain Stimulus; Pound Drops(抜粋)

--取材協力:Kevin Buckland、Lukanyo Mnyanda.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE